期待値プラスを狙い打て!

「絶対衝激2‐PLATONIC HEART‐」天井期待値

にほんブログ村 スロットブログへ

 絶対衝激2の天井期待値が出てましたね。やはり通常B期待度が高い「ブルマ」の方が期待値が高くなってます。打ち始めG数別の期待収支は表の通りです。

G数
履歴「顔」
履歴「ブルマ」
353G
-320
+150
417G
+110
+350
449G
+290
+690
513G
+300
+870
545G
+690
+980
609G
+1,000
+1,300
641G
+1,350
+1,700


 僕の設定してた打ち始めG数もちょうどいいくらいでしたね。履歴が「顔」時は650Gよりちょっと早めから打ち出してもいいかなー、とも思いますが、各ゾーンの手前くらいから打ち出した方が効率も上がると思います(履歴画面はモード示唆であって確定ではないですが)。まあ他に打つ台ない時なんかは打っちゃうんもアリっすね、その辺は状況によって使い分ければいいと思いやす。

・「絶対衝激2‐PLATONIC HEART‐」関連記事一覧  

「北斗の拳‐転生の章‐」天井到達の恩恵について

にほんブログ村 スロットブログへ

 北斗‐転生‐には天井の恩恵あり、ってのは既に周知の情報とは思いますが、天井到達のATレベルって何??って思ってるかもしれないんでここで整理しときましょう。基本的な天井情報はこちらからどうぞ。


 さて、このATレベルなんですが、1〜4までのレベルがあり初当たり時に決定、それ以降AT中にはレベルの転落はない、と言った仕様になってます。気になっているであろうATレベルの差はなんなのか?これは闘神レベルの振り分けが違うんです。ここでまた重要なワードが出てきましたね。大事なのは、ATレベルと闘神レベル、これら二つは別物だということです。闘神レベルってのはA〜Cまでで管理されており、ATレベルが高い程セット毎に高い闘神レベルが選択されやすいということです。
 ここまでを整理しとくとAT中はATレベルの転落はないが、闘神レベルは毎セット上にも下にも変動する、ってことですね。ここは押さえておきましょう。

 ここまでを理解した上で、気になるATレベルによる闘神レベルの振り分けについて説明します。各ATレベル別の闘神レベル振り分けはこの通り。

ATレベル1
ATレベル2
ATレベル3
ATレベル4
闘神A
73.0%
30.0%
15.0%
10.0%
闘神B
25.0%
55.0%
51.7%
45.0%
闘神C
2.0%
15.0%
33.3%
45.0%


 「ATレベルの高低の差が、闘神レベル選択の決定的な差でないことを教えてやる!!」(※シ○ア談)なんて言えないくらい、ATレベル1・2と3・4の間でかなりの差があります。闘神レベルはAT中のステージによって示唆していて、激闘に移行した時点で闘神レベルB以上が確定、闘神に移行した時点で闘神レベルCが確定します。この辺の数値はこの記事では割愛しますね。要は何度も激闘以上のステージに滞在するんであれば高ATレベルに期待が持てるということです。

 次は闘神レベルによる差は何なのか?こちらについて言及していきたいと思います。もったいつける程ではないんですが(笑)このレベルにおける差は勝舞リプレイ、ベルリプレイ出現率の違いです。高レベル程出現率が上がります。各レベル別の出現率はこんな感じ。

闘神A
闘神B
闘神C
勝舞リプレイ
1/36.63
1/27.13
1/16.33
ベルリプレイ
1/95.49
1/63.66
1/29.41
 こちらもかなりの差がありますね。参考までにレベル別に2つの小役の合成確率を出しておくと、

・闘神A・・・1/26.5
・闘神B・・・1/19.0
・闘神C・・・1/10.5

 となりますね。「あっ、圧倒的じゃないか・・・」(※ア○ロ談)数値見ただけで一目瞭然ですね。ちなみに北斗揃いの恩恵も天井と到達と同じくATレベル3or4が確定。勝舞魂貯めても、神拳勝舞で大連敗ってことも多いですが、勝舞魂が多ければ多い程、当然AT継続率は上がるんで、この恩恵はかなりのものだと思います。

・「北斗の拳‐転生の章‐」スペック解析、関連記事  

「龍虎の拳」最深部ハマリからの天国ループ

 当日681Gハマリの龍虎の拳。この台結構896G以内に解除してくれるらしく、また992Gを超えた場合は闘神バトル突入が優遇されているみたいですね。打ち出してみると896Gを通り過ぎて終着駅(最深部)までもってかれました(−−;さすがにここまでハマると負債を取り戻すのは難しい、せめて半分くらいは返って来てー、とか思ってたんすけど、リョウはツーリング目的で出かけたみたいですね。ATはさっそうと駆け抜けました。が、終了画面を見たら、

にほんブログ村 スロットブログへ

 マリア登場。AT終了後画面は次回モードを示唆しているようでマリア登場は128G以内の解除に期待できるみたいですね。今回は128G以内に解除してくれてそこから闘神バトルにもちょいちょい入って突っ込んだ分戻ってきました。とりあえず一安心、でもここまで来たらもうちょいプラスで終わりたい、なんてAT消化してると終了画面で、

にほんブログ村 スロットブログへ

 マリアウエディング姿!!この画面は128G以内の解除確定みたいっすね。ちなみに終了後画面にはもうひとつ天国確定画面があり、SNKキャラ登場、がそうみたいです。
 その後のATでさらに出玉を伸ばして、最終的には、

にほんブログ村 スロットブログへ

 こんな感じで終了。いやーほんまに浮いちゃいました(爆)そういやAT中にいつもと違う女性ヴォーカルの曲流れたんすけどこれは、次セット確定+50G以内の闘神バトル確定みたいです。

・「龍虎の拳」スペック解析、関連記事

6/22稼働

ゴルゴ13‐薔薇‐
741G -148
シンデレラブレイド
リセット220G -298
ヤマト2
CB +17
番長2
183G -271
鬼武者‐再臨‐
405G -134
龍虎の拳
681G +1,413
バジリスク2
MB +14

差枚数+593

 

「創聖のアクエリオン2」天井ART後のヤメ時について

にほんブログ村 スロットブログへ

 さて、元々僕が話したかったことですね、天井ART後のヤメ時についてです。意見は分かれるかもしんないですけど、個人的にはART当選まで全ツッパでも問題ないと思います。ただ、時間効率は悪くなりそうなんで他に期待値の高い台がある場合はヤメてもいいと思います。全ツッパはしなくとも120Gくらいまで回すのも悪くないですね。設定1〜4は天国確定なんで40〜70G90〜120G付近までは高確B滞在が濃厚となります。そこで高設定を見抜ける可能性もありますし(高設定を投入するホールならばですが)。
 
 高確などの状態、移行契機については前回までの記事で考察した通りです。高確B状態は弱、強スイカからのART当選率が上がり、当選しなかったとしても弱、強スイカは高確A移行のメイン契機になります。ということは超高確にも滞在しやすい。超高確中は設定差がなくどの小役からでもART突入の大チャンス、といった感じです。また、高確A、高確B、どちらかのみの状態でも強チェリーや強チャンス目といった、強い小役ならばそこからART当選もあるんで即ヤメは勿体ないかなー、と。

 120Gを超えると高確Bには190G・290G・390G・・・と100G単位で移行抽選を行うんで、その点を考慮すると他に期待値が高い台がある場合は移動もアリだなー、と。ちなみに僕は他に打つ台がない場合は全ツッパの方向でいこうかなーって考えてます。全ツッパは嫌だけど120Gまでは回す、って場合は天井ART後にボーナス引いてART入らずって台を120G付近まで回すって応用技も使えますね。

 大分長くなりましたが、これでアクエリオン2の天井後のヤメ時考察については終わりです。前回までの考察記事内に書きましたが、アクエリオン2、実は設定推測が面白そうな機種でした。

・「創聖のアクエリオン2」スペック解析、関連記事

 

「創聖のアクエリオン2」モード移行率

にほんブログ村 スロットブログへ

 創聖のアクエリオン2特集もいよいよ大詰め(?)今回はモード移行率についてです。モード移行契機については、



で触れたようにボーナス後、ART後(天井ART後)、設定変更後です。また、ART当選まではモード転落しないといった特徴もありますね。さて、実際に各状況別に見ていきましょうか。

・ボーナス後

・モードA滞在時
設定
移行せず
モードB
天国
1
80.0%
15.0%
5.0%
2
75.0%
15.0%
10.0%
3
75.0%
20.0%
5.0%
4
70.0%
20.0%
10.0%
5
70.0%
25.0%
5.0%
6
33.3%
33.3%
33.3%


 若干の差ではありますが、高設定になるにつれモードAループしにくく、偶数設定の方が天国へ直接移行することが多いですね。設定6だけはどのモードにも均等な割り振りで移行、設定狙い時にポイントになってくる所です。天井狙いに関しては設定1を前提に打つことになるんで、モードAループ率80%ってのを基準にかんがえましょう。履歴がボーナスのみで4,5回以上(ARTをスルーしている台)なら少し早めのG数から打ち出してもいいと思います。

 次はモードB滞在時の移行率です。

・モードB滞在時
設定
モードA
移行せず
天国
1・3・5
50.0%
50.0%
2・4・6
66.7%
33.3%


 偶奇設定で差が設けられてますね。奇数設定の方が天国へ移行しやすくなっています。

・天国滞在時
設定
モードA
モードB
移行せず
設定1〜6
100%


 前述の通り、天国滞在時にはモード転落はないです。

・ART終了後
設定
モードA
モードB
天国
1
85.0%
10.0%
5.0%
2
80.0%
10.0%
10.0%
3
80.0%
15.0%
5.0%
4
75.0%
15.0%
10.0%
5
75.0%
20.0%
5.0%
6
60.0%
20.0%
20.0%


 これもモードA滞在時の移行率と似てますね。高設定になるにつれてモードB以上が選択されやすく、偶数設定の方が天国に移行しやすい。設定6は中でも別格って感じです。

・設定変更時
設定
モードA
モードB
天国
1〜3
90.0%
5.0%
5.0%
4〜6
80.0%
10.0%
10.0%


 設定変更時は若干ですが、高設定の方がモードB以上の選択率が高いです。変更判別としても、地下神殿ステージ移行前には創聖の書が出やすいといった特徴があるんで、

 
1.朝一40〜60Gで創聖の書・・・変更のモードA濃厚
 
2.朝一90〜110Gで創聖の書・・・変更のモードB濃厚
 
3.1・2の両方を満たしている・・・変更の天国濃厚

 って感じでできそうですね。このように、高確Bテーブルは設定変更で再セットされるといった特徴を活かせば規定G数到達後の挙動で変更の有無確認できるんで参考にしてみて下さい。これは宵越し天井狙いの際でも同じことが言えますね。強気に当日ハマリを浅めのG数で狙っても、変更挙動でヤメ、って立ち回りもできそうです。

次は天井ART後の移行率です。

・天井ART後
設定
モードA
モードB
天国
1〜4
100%
5
2.5%
2.5%
95.0%
6
5.0%
5.0%
90.0%


 設定1〜4は100%天国へ移行、設定5,6のみモードA,Bへ移行する可能性があります。まあ割り振り的にはそうそう引けないかもですが、天井ART後は高確Bへの移行タイミングに注目ですね。それで高設定を見抜ける可能性があります。

 これだけ長い時間使って1機種に絞って考察したことはなかったですが、どうだったでしょうか?こんだけ考察しましたが、僕がもともと言いたかったのは「天井ART後のヤメ時について」なんですよね(爆)次はそのヤメ時についてを更新して、アクエリオン2特集は終了です(笑)

  ・「創聖のアクエリオン2」スペック解析、関連記事


<--スポンサード リンク-->


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。