期待値プラスを狙い打て!

「創聖のアクエリオン2」天井到達時の恩恵

にほんブログ村 スロットブログへ 

 天井単発の報告も多いアクエリオン2ですが、実際天井の恩恵ってART当選だけなの??って疑問に思っているかもしれません。でもこの台の天井詳細は、

・通常時900GハマリでART1〜3セット当選(均等振り分け)

 のようです。また、天井ART終了後のモード移行率は設定1〜4は100.0%で天国へ移行、設定5は95.0%で天国、設定6は90.0%で天国って感じです。さらりと説明しましたが、アクエリオン2の内部状態、モードについてはブログ内で1度も話題にしたことがなかったですね。自分自身が一通り把握しておきたいなーって思ったんでアクエリオン2の内部状態についても更新していきたいと思います。といっても結構ボリュームありそうなんで、今回は天井情報に加えてもう一点だけ基本的なおさらい。

 アクエリオン2には低確、高確A、高確B、超高確の4つの内部状態があります。それぞれの移行契機は

 低確・・・基本の状態
 高確A・・・特定小役成立時orボーナス後に移行
 高確B・・・規定G数消化時に移行
 超高確・・・高確AとBが重複している状態

 って感じです。超高確状態は弱チェなどの弱い役でもART当選率が50.0%あるんで絶対捨てたくない状態と言えます。
 さらに内部モードについて説明しますね。モード移行はボーナス後、ART後、設定変更時が移行契機となるんですが内部モードはモードA、モードB、天国の3種類が存在します。前述の内部状態、高確Bは規定G数消化後に移行するんですが、そのG数テーブルがモードによって違ってくるんです。

 とりあえず今回はこの辺までにしときます(爆)高確A,BとモードA,Bを混同しないように注意してください、内部状態と内部モードは全くの別物なんで。

・創聖のアクエリオン2 天井ART後のヤメ時について
・「創聖のアクエリオン2」スペック解析、関連記事

「ゴルゴ13‐薔薇十字団の陰謀‐」565狙いでヒットするも散々な稼働

にほんブログ村 スロットブログへ

 今更ですが565狙い、初のヒットです。このAT中にアサルトラッシュ入るも上乗せは+30G。てか今まで数回引いて全部+30Gなんですけど・・・(−−;弱チェリー引いた後に扉が虎柄で期待してたら+10Gとか、この台には振り回されてばっかです(爆)天国移行率も高くはないし、一撃待ち感が否めないこの台、AT純増は2.8枚と高純増機ですが、期待値が収束するのに費やす時間は膨大です。この辺は他の機種にも言えることですが、単純に純増枚数が多ければ時間効率がいい、ってワケでもないですね。また出玉増加スピードは速いですが、大量上乗せで取りきれずって可能性もあるんで閉店時間には十分気をつけて打ちたい所です。

 その他の台でも鬼武者でリセットくらったりキャプテンパルサーの4匹背景で512Gまで追ってスルーしたり散々な稼働でした。鬼武者‐再臨‐に関しては滞在モードをある程度推測できるんなら天井狙いよりゾーン狙いの方が効率いいかもしんないですねー。単純な理由の一つとして、今の稼働状況で天井狙いできる程のハマリ台になかなかお目にかかれないってのもありますが。ただ、モード不問のチャンスゾーンであればいいんですが、この台は基本的には通常A,Bの解除ゾーンが別なんで、通常A滞在時に通常Bのゾーン狙った所で無意味なんで気をつけましょう(笑)モード推測なんですが、僕のやり方としてはモード別解除G数振り分けを参照しつつ、4回くらい前までの履歴を確認した上で打ってます。

・「新鬼武者‐再臨‐」関連記事一覧

6/17稼働

鬼浜‐友情‐
296G -77
番長2
151G×宵67G -156
鬼武者‐再臨‐
577G×宵229G -497
キャプテンパルサー
256G(4匹) -424
319G(4匹) +18
秘宝伝‐太陽‐
332G△宵339G -68
北斗‐転生‐
854あべし +231
鬼の城
511G△宵153G -251
ゴルゴ13‐薔薇‐
494G +30

差枚数-1,194

「北斗の拳‐転生の章‐」設定判別ポイント

にほんブログ村 スロットブログへ


 北斗‐転生‐の設定判別ポイントをまとめておこうと思います。新しい解析出次第随時追加していこうと思います。
 
 まず小役確率なんですが設定差があるのは弱チェリー合算と、強チェリー合算。弱チェリーは設定1で1/93.89、設定6で1/100.21と高設定程出にくく、強チェリーは設定1で1/199.8、設定6で1/176.17と高設定の方が出やすいです。と言っても微妙な差なんでこれ単体では設定判別には使えません、ただ設定狙いするならとりあえずカウントしておきましょう。

 次にレア役からのAT直撃(正確には前兆あり)、なんですが、スイカからの当選に若干設定差があるみたいです。超天国滞在時は全設定共通確率となるんですがそれは無視したとして設定1で0.78%、設定6で2.00%ってなってます。スイカからのAT直撃は高設定のサイン?

 伝承モードについては偶数設定の方がミドルが選択される可能性が高いみたいです。奇数設定はショートが79.0%、ミドルが20.0%に対し、偶数設定はショートが69.0%、ミドルが30.0%(※設定6はショート74.0%、ミドル25.0%、ロングは全設定共通で1.0%)これもそこまでの設定差はないですが偶奇の判断材料にはなるんじゃないかなーって感じ。

 内部状態移行率にも設定差があります。低確中の勝舞リプ、チャンリプからの天破潜伏が設定1〜3は2.00%、設定4,5で3.00%、設定6で4.00%。弱チェリーだと設定1〜3は0.50%、設定4,5で0.75%、設定6は2.00%。スイカだと設定1〜3は1.00%、設定4,5で1.50%、設定6で2.00%。通常中の勝舞リプ、チャンリプからの天破潜伏は設定1〜3で10.00%、設定4,5で15.00%、設定6で20.00%。弱チェリーだと設定1〜3で0.50%、設定4,5で0.75%、設定6で2.00%。スイカは設定1〜3で1.00%、設定4,5で1.50%、設定6で2.00%。ちなみに高確からの天破潜伏には設定差がなく、内部状態に関しては4択ベル、通常リプレイで転落抽選をしています。

 また高設定確定演出もありますね。天破の刻の獲得あべし数が押し順ベルこぼしで400あべし・・・設定4以上、600あべし・・・設定6確定。確率的にはなかなかお目にかかることはないでしょうがここは確実に押さえときたいです。

 後は規定解除あべし数の振り分けがポイントになってきそうですが、その解析が出るのはまだまだ先になりそうです。(※規定あべし振り分けからの判別ポイントは別記事にて更新しました!)
 とりあえず書きなぐる感じで設定差のあるポイントを書いてみましたがどうでしょうか??現時点で設定狙いする際押さえておくのは、

1.天破の刻の押し順ベルこぼし(ハズレ)の獲得あべし数400or600
2.弱チェリー合算、強チェリー合算の確率
3.スイカからのAT直撃
4.低確、通常中の勝舞リプ、チャンリプ、弱チェリー、スイカからの天破当選
5.通常B移行率(モード移行率についての考察はこちら
6.規定あべし振り分け(あべし振り分けについての考察はこちら
設定判別ポイント(※追加)

 この辺りかなーって思います。3,4については1つ確認できれば高設定の可能性アップ、2つ以上確認できればさらに期待度アップといったように、全ての挙動を見た上で段階的に判断してく感じになりそうです。基本がG数管理と一緒なんで設定判別難易度はかなーり高いと思いますが、改めて見てみると設定6だけは比較的大きな差はついてるかな。後は設定6が入るホールで打つ、これが一番大事ですね(笑)この情報がお役に立てば幸いです。

・「北斗の拳‐転生の章‐」スペック解析、関連記事

「鬼の城」桃源リプレイや2D鬼神界戦などいいトコ取り!

にほんブログ村 スロットブログへ

 当日669Gハマリの鬼の城、700G〜のゾーンで上手くG数解除してくれてART中の鬼神界戦から桃姫ボーナス。最初にこれだけ上乗せとくと安心感ありやす。とはいえ前回、720G上乗せといてほぼ上乗せがない区間があったので油断は禁物。でもそんな不安をかき消すかのように、

にほんブログ村 スロットブログへ

 またも桃姫ボーナスからの鬼乗せで上乗せてくれました。その後は酒天との戦いで、

にほんブログ村 スロットブログへ

 今回はちゃんと現場押さえました(笑)第3停止まで押しちゃうとすぐ文字消えちゃうんで第1停止でスイカを確認して準備しときました(爆)このボーナスも桃姫ボーナスで、その後の鬼狩RUSHで、

にほんブログ村 スロットブログへ

 鬼乗せ1個だったらこんなもんかな?その後しばらく回してると、

にほんブログ村 スロットブログへ

 桃源リプレイきたー!!残りG数は微妙な所でしたが引けないよりはマシでしょう。話は逸れますが桃源リプレイ引いた後からART中のBGMが変わりますよね、あの曲Janne Da Arcの「Destinaion」って曲なんすよ。僕昔からジャンヌの大ファンでスロット打ちながらジャンヌの曲聴けるんが最高です(^^)
 その後はこんな演出も見れました。

にほんブログ村 スロットブログへ

 2D鬼神界戦。これ昔からのFFファンにはたまらん演出っすよねー、こういう遊び心ある演出もナイスです(爆)その後の鬼狩りRUSHでは、

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 スロットブログへ

 立て続けに大きめのG数が乗ってくれて最終的には、

にほんブログ村 スロットブログへ

 こんな感じで引き戻しもなく終了。今回は一撃で出てくれました。今月のモヤモヤした稼働を見事鬼の城が吹き飛ばしてくれました。このまま収支も昇り調子になってくれればいいなー。
 
 鬼の城のヤメ時についてはまだ詳しい解析値は出てないので即ヤメor天国否定まで回す、のどちらがいいとも断定できないんですが、雑誌等には天国は130G以内にART当選って書いてありますよね?鬼の城の天国最深部の当たり方としては、100G消化後に30G程の前兆を経てARTに当選するようです。なんでもし天国否定まで回すんであれば100G以降の前兆なしを確認してヤメって感じになりますね。

・「鬼の城」スペック解析、関連記事

6/15稼働

シスクエ3
0G△宵約700G +216
黒の契約者
約850G -146
番長2
111G×宵102G -169
304G○宵300G +27
187G +6
鬼の城
669G +5,677
鬼浜‐友情‐
174G -74
エヴァ‐ART‐
104G -39
ゴルゴ13‐薔薇‐
373G△宵125G -87
らんま1/2
454G +466

差枚数+5,877

 

「北斗の拳‐転生の章‐」ゾーン狙いのなんじゃこりゃ??

にほんブログ村 スロットブログへ

 珍しくの連投です。ここ2日間くらい打つ台なくて北斗のゾーン狙いしてみました。解析出るまではやらないやらないって言ってたのに(爆)周りのブロガーさんたちは256あべしのゾーン狙いを既に結構やられてて良好な結果も出ているようですね。
 基本的には同じく256付近、555付近を狙ってみたんですが、1つだけ違ったゾーン狙ってみました。128あべし付近のゾーン狙い(爆)おそらくこれは誰もやってないんじゃないでしょうか?実践値みてもおいしそうな数値ではないしねー。ただ90あべし付近で捨てられてた台があって他に打つ台もないしちょっと打ってみよっかなーって思って座ってみたら120あべし付近で天破突入、そのままあべし持越しでAT突入。
 一瞬、「ん?これ天国??」と思ったんすけど持越したあべしから考えると150〜160あべし付近。「こんな所に解除ゾーンあんの?」って気になったんで、この他数台遊び試し打ちしてみやした。
 実際打ってみると128あべし超えて前兆入った台が3/5程。最初は128+16あべしのゾーンだと思ったんすけど前兆終わるんは160あべし付近なんで天国ではないです。

 「最大前兆考慮して+16あべし程度回してね、あっでもそこでもう次のゾーンの前兆始まってるおー(^ω^)」

 何これ、サミーの嫌がらせ!?って思えるくらいほんまきわどいあべし数。実際このゾーンの解除率がどの程度なのかは分かりませんが・・・雑誌等で発表されている実践値のデータ、129〜256あべしの解除率には当然含まれているでしょう。この手のタイプは128G区切りのゾーンってイメージが強いですが、鬼武者‐再臨‐のように32G区切りのゾーンって可能性も否定はできないっすからねー。

 まあ北斗‐転生‐も平日は空き台をちらほら見かけるようになってきたんで他に打つ台ない時はゾーン狙いも視野に入れてみるんもアリかなー、と思ってたりします。ただ打つとしたら、ゾーンの狙い目はかなり引き上げて大体40G前くらいから狙ってみます。256あべしだったら216あべし、555なら515って感じですね。仮に解除率がそこまで高くないとしても初当たり1回あたりの獲得枚数が多いと予想されるのと、ゾーンをシビアに設定しとけばまあ大丈夫かなーとは思ってます。
 ただ一つ言えるんは不安を感じるなら止めておきましょう、ってくらいですかね。前にも言いましたが、これから先解析値が発表されてもこういったゾーンはそれなりに拾えると思うんで、無難に攻めたいのなら今無理に実践しなくてもいいとは思います。またゾーン狙いする機会があれば稼働記事で随時更新していきます。

・「北斗の拳‐転生の章‐」スペック解析、関連記事


<--スポンサード リンク-->


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。