「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」天井狙い経過 - 期待値プラスを狙い打て!

「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」天井狙い経過

にほんブログ村 スロットブログへ

 前回の記事を書いて以来ちょこちょこ猪木の天井狙いしてるんですが感触的にはなかなかです。といっても出玉は全くついてきてくれてないんですが(笑)5/29までに打った猪木の天井狙い結果はこんな感じ。

・473G(通常B)・・・-728(最深部で解除、単発食らうの巻)
・616G(通常A)・・・-53(600G〜スルーでヤメ)
・576G(通常A)・・・-101(同上)
・571G(通常B)・・・-122(700G〜で解除、天国青BBから闘魂チャンスもそのまま駆け抜ける)
・351G○宵258G(通常A)・・・-76(600G〜スルーでヤメ)
・369G○宵121G(通常B)・・・-377(700G〜で解除、天国2回ループも闘魂チャンス入らず)

 差枚は-1,457枚とグダグダなんですが(爆)通常Bの台を打ち続ければ結果はそのうちついてくると思います。すでに周知のことかもしれませんが猪木は番長2と同じように通常A、Bはそれぞれ百の位が偶数、奇数のゾーンで前兆に入るという特徴があるんで、その時点での滞在モードがわかりやすいんですよね。その辺を踏まえた天井狙い考察については前回記事に書いてあるのでぜひ参考にしてみて下さい。

・「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」G数振り分け解析から見る天井狙いとゾーン狙い

 通常Bの場合は500G〜に解除ゾーンがありますがピンポイントで狙った場合の解除率は15.7%、しかしながら600G辺りから回すということは解除ゾーンを抜けた直後の台を回すということなんで通常B濃厚台であれば500G付近から狙うのも600G付近から狙うのも期待値的にはそこまで差は出ないと思います。(ちなみに番長2の場合は500G〜の解除率は30%程で600G〜打った場合の期待値は落ちます)かみくだいた言い方をすれば500G〜ゾーンはそこまで当たるワケではないけど、600G〜回すのは解除期待度のないゾーンを無駄に回さなくてはいけないってことです。
 あと600G〜天井を狙った場合通常Aだった場合そのゾーンの解除率は19.0%あるんで一応当たるっちゃ当たります(笑)800G以内のゾーンでは一番当たりやすい区間すね。といってもゾーン狙いできるって程の数値ではないですが。
 もう一つ付け加えておきたいのが宵越し天井狙いが若干しやすくなったということですね。具体的に例をだした方が分かりやすいと思うんで僕が打った当日351G、前日最終258Gの台で説明します。
 この台が据え置きだったとすると累計で609Gハマリってことですね。この台が400G以内に前兆に入った場合は据え置きの通常Aが濃厚になります(600G〜664Gのゾーン)、次に450G以内に前兆に入った場合は変更の通常A濃厚(400G〜464Gのゾーン)、最後に500G以内に前兆に入った場合は据え置きの通常Bが濃厚になります(700G〜764Gのゾーン)。猪木の前兆G数は4〜32Gでほとんどが26G以上の前兆が選択されます。このあたりとG数解除ゾーンを頭に入れて立ち回れば宵越し狙いもしやすくなるはずです。とはいえ変更台を打つリスクは避けたいんで変更の可能性の低い台や当日なるべくハマっている台を狙っていった方が安全です。
 最後に、前回記事で猪木は初当たりがハマリやすいと書きましたが、ご察しの通りG数管理型だけあって波の荒い機種で勝率はかなり悪くなるんで、天井性能が強力な台や勝率の高い台が他にあればそっちを優先的に狙った方が得策です(爆)

・「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」スペック解析、関連記事


<--スポンサード リンク-->


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。