CRまわるんパチンコ大海物語3は回らない?そして最大はまりは・・・ - 期待値プラスを狙い打て!

CRまわるんパチンコ大海物語3は回らない?そして最大はまりは・・・

CRまわるんパチンコ大海物語3.jpg
コピーライトマークSANYO


三洋のパチンコ機である「CRまわるんパチンコ大海物語3」の打ち手の感想などを見ると回らないなどとの意見も結構聞きますねw

まあこれは別に機種そのものが悪いというワケではなく、ホールの釘調整によるものなんですけどね(;´∀`)

優良ホールであれば定番の海シリーズだけにそれなりに甘めに使っているホールもあるので、回らないと感じたのであればまずはホール選びから・・といった所になるんですが、そもそも「まわるん」システムとはなにか?

今回はその辺りの説明も書いておこうと思います。


<--スポンサード リンク-->


まわるんシステムとは?

通常時の電チュー開放は1秒×1回となっており、平均拾い個数は約2個。

ただその開放頻度が平均30秒に一回となっているんで従来の海シリーズとは違い回転率の大幅アップが見込める。

さらに電チュー湧きに「まわるんスライダー」なるガイドパーツが付いており、電チュー入賞をサポート!

そして道釘・風車ともに中央に寄りやすい構成となっているのにも注目。



・・・上記がまわるんシステムの特徴となるんですが、保留が貯まれば変動も時間も短くなるんでスピード感ある消化にも繋がりますね(・∀・)

ただ冒頭で書いた通り、いくらまわるんシステムといってもホールの調整次第ではとたんに回らないパチンコ機となってしまうのには十分注意が必要ですが・・・

等価でのボーダーラインは23.9回(※出玉5%減での数値)となっているので、最低ラインをここに設定してシビアに盤面チェックをしておくことが勝率アップにも繋がります。

ちなみにどんなに甘い機種であってもはまりに関しては仕方のないことですが、現在確認できているのが当日最大2806はまり、前日と合わせると3591はまりというのが確認できていますね(^_^;)

まあはまりは気にしてもしょうがないとは言っても・・気にはなりますよね(><)

とりあえず打ち手ができることと言えばプラス調整の台をぶん回すことくらいなので、最低限条件に合った台は確保できるようなホールで立ち回りましょう!


【関連記事】
・CRまわるんパチンコ大海物語3 スペック・ボーダー・セグ攻略


<--スポンサード リンク-->


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。